歯車になって幸せに働けるか?

「会社の歯車になりたくない!」という言葉にもある通り、「歯車」とは悪い意味でしばしば用いられます。歯車になると、自分が大した存在ではないように思えてしまう、という気持ちは、よく分かりますよね。

一方で、次の文章にも共感できませんか?

本来、組織には「みんなで何かを成し遂げる喜び」とか、「同じ目的に向かってともに進んでいく連帯感」とか、「人を幸せにしてくれるもの」があるはずです。それらは個人では得られない、組織だからこそ得られる、かけがえのないものだと思います。

これは、「すべての組織は変えられる 好調な企業はなぜ「ヒト」に投資するのか」(麻野耕司著 PHPビジネス新書)の中の一節です。こういう意見に出会うと、なるほど、組織も悪くないなと思えます。では、結局、組織の歯車になるのって楽しいことなのでしょうか?

幸せな歯車になれないか?

歯車という言葉からくる嫌なイメージは、「取り換えが出来るパーツである」とか、「大きな動作をするための、ごく一部の機能にすぎない」というものでしょう。つまりは、希望の裏返しだと思います。「誰でもいい訳じゃなく、自分を必要とされたい」「自分の仕事がちゃんと組織の成果に貢献していると実感したい」という気持ちを、みんなが持っているということでしょう。

結局、歯車なのかどうかは、幸せに働けるかどうかとは関係ないと思うのです。自分を必要としてくれて、貢献していう実感がもてる歯車なら、きっと幸せな歯車です。

幸せな歯車を作るのは誰か?

そんな幸せな歯車になることを求めて、職場を変えたり、会社の制度を構築したり、色々な動きをする人がいます。もちろん大事なことだとは思うのですが、どこか他力本願な気がしてしまいます。私たちが考えるべきことは、「私が何をすれば、私が幸せに働けるか」ではなくて、「周りのメンバーが幸せに働けるようになるために、私にできることは何か」だと思うからです。周りの人を活かして、必要としてあげること。そのメンバーの仕事をありがたく思っていることを、伝えてあげること。そうやって、周りの歯車を幸せにしてこそ、巡り巡って自分も幸せな歯車になれるんだと思います。

信頼するから信頼されるとか、ありがとうを伝えるから、ありがとうと言ってもらえるとか、そういう好循環って実際にあると思います。人間、好循環の環境の中にいれば、誰だって良い人でいられます。でも、悪循環に入ると、悪循環を周りのせいにしつつ、悪循環に染まってしまいがちではないでしょうか。私は、いつでも好循環の輪の中にいたいです。だから私は、好循環を作り出す側の人間になりたいです。それは、自分が幸せな歯車になることではなく、周りを幸せな歯車にすることで成し遂げられると信じています。私はいつも、好循環のキッカケでありたい。そういう想いが、このブログのタイトル「若手技術者がファシリテーティブリーダーになるまで」に込められています。

 

下っ端の自分がチームを変えるキッカケを作る方法

「下っ端からのチームの変え方」は語られない

「チームを変えたい!」
そう思ったことはありませんか?

私も頻繁にそういう思いを抱きます。そう思いながら本屋に足を運ぶと、様々なチームビルディングに関する書籍が並んでいます。そういった書籍には、確かに勉強になることが沢山書いてありました。
・メンバーみんなでチームのビジョンを作ろう、とか
・フィードバックの仕組みを作ろう、とか
・チームへの貢献を評価する仕組みを作ろう、とか。
確かに、これらのアドバイスを実直に実行すれば、良いチームになれそうです。

しかし、私たちチームの下っ端にとっては、とても大きな問題があります。
それは、これらのアドバイスのほとんどは、リーダー向けに書かれている、ということです。「チームのビジョンを作ろう!」と下っ端からはなかなか言い出しにくいのです。

それでもチームを変えたいなら、「背伸びの機会」を獲得すること

それでもチームを変えたい!
そう考えた私が工夫したのは、「背伸びの機会」を得ることでした。

上司や先輩にとって、私たち若手がチームビルディングに挑戦するというのは「背伸び」です。この背伸びを容認し、サポートしてもらうような関係づくり・キッカケづくりが必要です。

例えば、「このチームには問題があります。変えましょう!」という発信は、なかなか受け入れられにくいものです。そうではなくて、「将来的にチームビルディングができるようになりたくて、勉強をしています。実践を通して勉強したいので、そういう機会を与えてもらえませんか?」というスタンスに立つ、という作戦を取った方が、ずっと受け入れられやすいでしょう。

 

研修・勉強会を、背伸びのキッカケにする!

そこで私がおススメするのが、研修や勉強会への参加です。特に、ファシリテーション(特に、チームの活性化の焦点を当てたもの)やチームビルディングの研修に参加すると良いでしょう。

おススメの理由は、次の3つです。
(1)成長に向けて自主的に努力している点を示せて、応援してもらいやすい
(2)職場でそのまま実践できるようなワークがある場合が多い(こういう体験は読書では得難い)
(3)次のアクションにつなげやすい

(3)については、「事後課題があることにしてしまう」という技があります。研修の場で残された宿題、ということでもよいですし、職場に帰ってから上司と相談の上設定した宿題、ということでもよいです。いずれにせよ、「自分の成長のため、研修の成果をあげるために、チームビルディングの活動を職場で実践しないとダメなんです」という環境を作り出してしまうことです。その環境を作り出す中で、上司や先輩を巻き込んでいくのです。

私の場合はファシリテーションの研修に参加し、結果としてチームミーティングの中に相談の時間を作ってもらうことができました。
↓ファシリテーションの研修に参加して、すごく良かった
↓チーム内で練習の時間が欲しい
↓毎週のミーティングの中で30分時間をとって、若手にファシリテーターを務めさせる相談・議論の場を設けたい
という流れで提案をしたのです。今までは連絡と報告だけを行う場だったミーティングの中で、議題持ち寄りで好きな相談ができるようになりました。

研修そのものだけでなく、研修を受けたという事実をどう活かすか。
そこまで考えて研修を活用できれば、きっと「背伸びの機会」が回ってくると思います。