オーディオブックでの勉強を始めて分かったこと

今週からオーディオブックで勉強を始めました。↓のような感じです。

<買った物>
・オーディオブック(FeBeで)
・bluetooth対応の防滴イヤホン(inateck BH1001)

<活用方法>
・1.5倍速~2倍速程度で聞く
・通勤中、朝の身支度中、風呂で聞く

始めてみて分かったことシェアします。

隙間時間ってこんなにあったんだ!と気付く

オーディオブックを始めてとてもびっくりしました。隙間時間だけで聞いているオーディオブックが、すぐ1冊分終わってしまうのです。私の通勤時間は30分程度とかなり短いんですが、どれでも2~3日で1冊分を聞けてしまえます。私はiPhoneアプリのKikuPlayerを使用しており、1.5倍速~2倍速くらいで聞いています。(2倍速でも十分聞き取れるんですが、うっかりして「聞き流しモード」に入ってしまうことが多いので、1.5倍速再生が多いです。)
後述するように、紙の読書と音の読書はそれぞれに特徴があるので、同じではありません。しかし、それでも2~3日分の隙間時間で1冊読書ができるというのは衝撃でした。

「オーディオブック向き」の本がある

私がオーディオブック向きだと感じたのは、次のような本です。
・ストーリー形式のビジネス書(仕事は楽しいかね?とか)
・内容に繰り返し触れて吸収したい名著(7つの習慣とか)
・復習したい既読本

音の読書では、目的の情報をピンポイントで抜き取ったり、マーカーを引いたり、立ち止まって考えたりするような読書はできません。読書には、「本の内容を受け取る」側面と「本の内容を元に発想する」側面があると思います。紙の読書と比較し、音の読書では後者の割合が高くなるような気がします。そして、集中して聞かないと、知らないうちに「聞き流しモード」に入ってしまっていることもあります。
そこで、「聞き流しモード」に入りにくいもの(=ストーリー形式)、入っても問題ないもの(名著・既読本)の読書に活用するのが良いと考えています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中