日次レビューを成長のエンジンにする!~(4)気付きを最大限活用する3つの出口とは?~

日次レビューで最初に立ちはだかる不満とは?

これまで3回に渡り、日次レビューについて紹介してきました。
 日次レビューを成長のエンジンにする!~(1)日次レビューを始めよう~
 日次レビューを成長のエンジンにする!~(2)日次レビューを習慣化する3つのコツ~
 日次レビューを成長のエンジンにする!~(3)気付きのレベルを上げる3つのコツ~
この方法に則ってレビューを続けると、ある壁に突き当たることでしょう。その壁とは、「せっかく気付いた課題への対処が不十分なまま、流されて行ってしまう」という感覚です。気付きは着実に蓄積されていくのに、それを活用できない、という不満です。私自身、この壁に突き当たった経験があります。
そこで今回は、日次レビューで蓄積した気付きを最大限に活用する、「3つの出口」を紹介します。

気付きを活かすには、気付きの出口を用意しよう!

日次レビューを実際にされている方は、ぜひ自身の気付きを読み返してみてください。気付きのほとんどが、次の3つに分類できるはずです。

(1)態度・マインドセットやいつか役立つ仕事の格言的なもの
  例:「『~と思います』が口癖だが、『~です』と言い切るべき!」など
(2)近いうちに実施すべき、具体的な改善行動
  例:「エクセルのショートカットについて調べてみる」など
(3)行動まで具体的にブレークダウンできてないが、今後改善に努めたい課題
 例:「仕事の全体像が見えるような仕事の依頼の仕方を身につけたい」など

ただ日次レビューを続けるだけでは、実際に活かせる気付きは(2)だけで、(1)や(3)は日次レビューの記録の中に埋もれたままになりがちです。これはもったいない!
そこで、これらの気付きの分類に応じた、気付きの出口を準備してあげるのです。出口とはすなわち、「気づきを転記する、転記先のリスト」のことです。私は毎朝、前日の日次レビューのレビューをしています。そのときに前日の気付きを分類し、3つのリストに転記するようにしています。その3つのリストとは、
(1)リマインダーリスト
(2)タスクリスト
(3)改善課題リスト
です。では、この3つのリストはどんなもので、どう役に立つのか?1つずつ紹介していきましょう。

態度やマインドセットはリマインダーリストへ!

リマインダーリストは、態度やマインドセットなどを転記するためのリストです。そして重要なのは、毎朝読み返すためのリストだ、ということです。(私はリマインダーリストの項目が増えすぎて全て読んではいられないので、「リストの中から、今日特に気を付けたい項目を3つ選ぶ」という行為で代替しています。)要するに、「毎朝見返すリストを作ろう」「そのリストに、気付きから得た態度やマインドセットをメモしよう」ということです。実際にやってもらえると理解いただけると思いますが、実体験に基づく格言は強力ですし、毎朝見返す効果も絶大です。

具体的な改善行動はタスクリストへ!

具体的な改善行動は、タスクリストへ転記します。タスクリストは、あなたが普段使用しているものを使用してください。手書きのToDoリストかもしれませんし、RTMやToodledoといったタスク管理ツールかも知れません。私の場合はTaskChute2です。重要なのは、日次レビューで得た気付きのうち、具体的な行動になっているものは、その行動をタスクリストに機械的に転記する習慣を作る、ということです。「○○すれば良いな、と感じた」と「明日○○してみよう」には天と地ほどの差があります。
ところで、話が脱線しますが、私はかれこれ3年以上TaskChute2にお世話になっています。他のタスク管理ツールにはない魅力を備えた、優秀な相棒です。これ無しでベストな1日を過ごせるワケがない、とまで感じているイチオシのツールなので、このツールを未体験の方は、ぜひ試してみてください。

今後改善に努めたい課題は改善課題リストへ!

今後少しずつでも改善に努めたいな、という課題は、改善課題リストへ転記します。そうすることで、今後改善したいと思った課題が一覧性の高い状態で一元管理できます。さらに、リスト化することで、改善に取り組む優先順位をつけやすくなります。私は毎日10~30分ほどの改善タイムを取るようにしていますが、改善課題リストのお陰で、優先度の高い課題から少しずつ解決に働きかけることが出来ています。改善課題リストには運用のコツがあるのですが、紹介は次回以降の記事に譲ります。大切なのは、改善課題をリスト化し、優先順位づけできる状態にしておくことです。そして、その改善課題リストを見て改善に取り組む時間を、少しずつでも確保することです。改善の時間を取ることは、日次レビューより習慣化が難しいですが、「自力で気付いた課題を潰す」というのは結構クセになるものです。効果ももちろん高いので、ぜひチャレンジしてみてください。

さいごに

今回は、日次レビューで得た気付きの3つの出口を紹介しました。ここまで日次レビューを活用できるようになると、能力向上のサイクルがガンガン回るようになります。同じような日々を過ごしても、得られる気付きの量・気付きからの行動変革の数に、圧倒的な差が出ます。日次レビューは、自分を自分で成長させる習慣です。ぜひこの習慣を獲得して、仕事を充実させてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中